2010年07月08日

心筋梗塞や閉塞性動脈硬化症、脳梗塞に注意

血糖値が高いほど重度の糖尿病性昏睡を来たし、意識障害、腹痛などをもたらすこともある。一方、発症初期の血糖高値のみでこむら返りなどの具体的な神経障害が起こることができます。また、発症の初期に急激に血糖値が上昇すると、体重が減少する場合が多い(血液の糖分が多い一方、脂肪細胞などの糖分が枯渇状態になるためである)。 他の症状は通常、糖尿病慢性期合併症に基づいている。 糖尿病性網膜症の発症や視力の低下 糖尿病性腎症によって、最終的に腫れや乏尿、全身倦怠感など、様々な症状が現れる。 糖尿病性神経障害は2つあり、末梢神経障害で手足のしびれなどの気持ちを不快にする一方で、自律神経傷害がおこる便秘、立ちくらみ、勃起不全などの原因となる。 糖尿病は、皮膚にも糖尿病性リポイド類壊死をはじめとする様々な合併症を起こすことができ、それに伴う症状が出現することができる。 このような糖尿病の典型的な合併症に加えて、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症、脳梗塞も、糖尿病には非常に発生しやすいので、その病気に起因する症状を引き起こすことができます。 症状自体も重要だが、"必要な症状を感じないことができる"ことが糖尿病の重要なポイントである。つまり、神経障害が起こった状態で、心筋梗塞がそれである。心筋梗塞は、通常の深刻な胸痛を伴うため、患者はすぐに医療機関で診療に至って治療をすることになる。しかし、糖尿病がある場合は、警告情報である"胸痛"を感じないことができ、"無痛性心筋梗塞"と呼ぶ。これは、自覚症状がないため、早期治療を困難にして、知らない間に心臓発作に至ることができます。同じ条件で、末梢神経障害があるので、手足の位置で温度を感じる機能がにぶくなったので、ストーブやあんかなどで低温やけどをもたらすことができます。この場合、糖尿病はまた、閉塞性動脈硬化症を併発していて、手足の血(これは栄養そのものである)の供給が不十分な場合傷ついた手足の皮を回復できず、傷がどんどん広がって巨大な足潰瘍になると足の切断をしなければならなくなる。
posted by sakura71239 at 14:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。