2010年07月05日

糖尿病を発症する遺伝子

遺伝因子として遺伝子異常が検知され、1型、2型糖尿病は、その原因が十分に明らかではない。一方、これらの項目に分類される疾患は、特定の遺伝子の機能以上に糖尿病を発症しているという事実の原因を知っている糖尿病である。頻度は極めて珍しい。比較的若い(一般的に25歳以下)で発症し、1型ほど重症ではなく、強い家族内発症が見られるという特徴があり、臨床所見は大きく異なっている。 若年発症成人型糖尿病(英Maturity Onset Diabetes of Young、MODY) 純粋な糖尿病だけをもたらすメンデル遺伝疾患で、常染色体優性遺伝を示す。内服薬による治療が奏効している場合が多い MODYはMODY1 - 6の6種類の病気の種類が知られている。 MODY1は、肝細胞核転写因子(HNF)4αをMODY2では、グルコキナーゼをMODY3でHNF1αをMODY4では、インスリンプロモーター因子(IPF)1、MODY5でHNF1βをMODY6でneuroD1コードする遺伝子のそれぞれの突然変異が認められる。 ミトコンドリア遺伝子異常メカニズム通り(推奨:ミトコンドリアDNA)母系でのみ遺伝、難聴を伴うMIDD(Maternally Inherited Diabetes and Deafness)、最重症型の脳卒中乳酸アシドーシスなどをもたらすMELASなど、さまざまな疾患の病像を示す。 ミトコンドリア遺伝子異常にいくつかの変異ポイントがあるが、最多は3243A - > G変異である。 インスリン受容体異常症 黒色表皮腫や体毛が濃いなどの特徴的な体格のようである。糖尿病と診断されるのはヘテロ接合型の患者であり、ホモ接合型は、乳児期以降まで生存しない。 インスリン自体の遺伝子異常 報告されていますが、非常にまれです。 すべての診断にはゲノムDNAとミトコンドリアDNAを検体と特殊な検査が必要である。 続発性糖尿病(ぞくはつせいとうにょうびょう、二次性糖尿病)(ICD - 10:E13)は、他の病気によって引き起こされる糖尿病である。の下にリストされては代表的な疾患に加えて、原因となる疾患は存在している。 グルカゴンを異常分泌するグルカゴン産生腫瘍糖質コルチコイド作用が異常増加するクッシング症候群、原発性副腎疾患 アドレナリン異常分泌する褐色細胞腫 成長ホルモンの異常分泌する成長ホルモン産生腫瘍(先端巨大症) 肝硬変 慢性膵炎、ヘモクロマトーシス、膵癌 筋緊張性ジストロフィー 薬剤性(サイアザイド系利尿薬、フェニトイン、糖質コルチコイド(ステロイド)など)。
posted by sakura71239 at 14:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。