2010年07月01日

過去20年間で増加し続けている病

疫学世界保健機関(WHO)によると、2006年基準で、世界で少なくとも1億7100万人の糖尿病患者がいるという。患者数は急増しており、2030年まで、この数字は倍増していると推定されている。糖尿病患者は世界中でいますが、先進国ほど(2型)の患者が多い。しかし、最も増加率が高い地域はアジアとアフリカになると見込まれており、2030年までに患者数が最多にされると考えられる。開発途上国の糖尿病は、都市化や生活習慣の変化に伴い増加する傾向があり、食生活の"西欧化"と関連していることができます。このため、糖尿病(食事など)環境の変化が大きく入ることが考えられる。 先進国、糖尿病は10大(あるいは5大)疾病であり、他の国でも、その影響は増加している。米国を例にとると、北米の糖尿病率は、少なくとも過去20年間で増加し続けている。 2005年、米国だけで約2080万人の糖尿病患者がいた。米国糖尿病協会(American Diabetes Association)によると、620万人の人々がまだ診断を受けたり、糖尿病予備軍は4100万人に達している。 日本国内の患者は、過去40年間で約3万人から700万人程度にまで膨らんでおり、境界型糖尿病(糖尿病予備軍)を含めると2000万人に及ぶと言われている。厚生労働省の発表によると、2006年11月時点の調査データから、日本国内で糖尿病があるが強い人は、推定820万人だった。厚生労働省の2006年の人口動態統計(vital statistics)によると、全国の死亡率の都道府県ワースト1位は1993年以来14年連続で徳島県である(10万人当たり19.5人なお、最低の愛知県7.5人)。特定の病気などによる死亡率が10年以上継続して同じ県の1位は、他の人にこれを行うに前例のない(他の地域的な高率で、精神衛生の分野では、秋田県が1995年から2006年まで12年連続で自殺率1位の事などが挙げられる。秋田県の自殺率、すなわち、人口10万人当たりの自殺者数は42.7人で、全国平均は23.7人である)。 2006年は、徳島県を筆頭に、2位鹿児島県(14.2人)、3位福島県(14.1人)、4位鳥取県(13.7人)、5位青森県(13.6人)がワースト5であり、逆に東京都(9.9人)のほか、岐阜県(9.5人)、長崎県(9.5人)、大分県(9.5人)、宮崎県(9.3人)、滋賀県(9.1人)、埼玉県(8.9人)、奈良県(8.5人)、神奈川県(8.4人)、愛知県(7.5人)の10都県が10万人当たりの死亡率が10人を下回る。卓越性の地域格差を見ることができるのも糖尿病死亡率の特徴である。
posted by sakura71239 at 16:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。